梶山経産相と青森知事 新型コロナ、エネルギー政策で会談





新型コロナウイルス対策やエネルギー政策について三村申吾知事と会談する梶山弘志経産相(中央)=30日、青森県庁(福田徳行撮影)

 梶山弘志経済産業相が30日、青森県庁で三村申吾知事と会談した。梶山経産相は、新型コロナウイルス対策に関わる国の経済政策について説明し、理解を求めるとともに、同県六ケ所村で進む核燃料サイクル政策を堅持していく考えを強調した。

 会談で三村知事は、新型コロナウイルス対策に関連して中小企業への支援・拡充を要請するとともに、日本原燃の使用済み核燃料再処理工場(同村)の安全審査が事実上合格したことを受け、関係閣僚と県幹部が話し合う「核燃料サイクル協議会」の開催を求めた。これに対し、梶山経産相は「国として責任あるエネルギー政策を進めていく。県と緊密に連携を取り進めていきたい」と応じた。

 また、三村知事は県が国策のエネルギー政策に協力している立場を強調した上で、立地自治体への支援について配慮を求めた。



Source link

Read Previous

組織的に偽造在留カード提供か 1万円で販売の疑い中国籍の女逮捕 180人以上が受け取りか

Read Next

「信頼される組織へ第一歩」 関電の再発防止策に梶山経産相

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *