米死者、11月に24万人推計 南部州知事が初感染





記者会見する米南部オクラホマ州のスティット知事=9日、オクラホマシティー(AP)
その他の写真を見る(1/2枚)

 南部や西部を中心に新型コロナウイルス感染が拡大する米国で、ワシントン大のチームは15日までに、国内で経済活動の制限緩和が続けば死者の累計が11月初めに24万人を超えるとの推計結果を発表した。南部オクラホマ州のスティット知事は15日、検査で陽性が確認されたと語った。州知事の感染確認は初めてとみられる。

 ニューヨーク・タイムズ紙電子版は15日、新型コロナウイルスの新規感染者数が41州で2週間前より増加したと報道。「(東部州で感染が急拡大した)3月と同じ状況になり始めた」と伝えた。ジョンズ・ホプキンズ大の集計によると、米国では14万人近くが新型コロナで亡くなった。

 スティット氏はオンラインでの記者会見で、発熱などの症状はないとした。

 南部では、アラバマ州が15日、感染による1日当たりの死者が過去最多の47人だったと発表。アイビー知事は、公共の場でのマスク着用を義務付けると表明した。(共同)



Source link

本日の注目ニュース

Read Previous

岸田氏「何らかの条件や柔軟な対応を」 Go Toキャンペーン

Read Next

京アニ犠牲者の絵、故郷に 田んぼアートで再現

guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x