子どもが産めず、声の低い身体に…性別を“再変更”した当事者の思い 「性同一性障害特例法」「性自認」をめぐる課題を考える


 「身体を変えて、戸籍を変えて、男性として人と関わって、君付けで呼ばれて、男性に男性として関わられるのが、ものすごく違和感だった。それがしたかったはずだけど。本当にお恥ずかしい話だが…」

【映像】性別再変更した当事者に聞く「男性として働いて違和感があった」

 心と体の性が一致しない「トランスジェンダー」。その認知度が高まるにつれて、性別を変更する人も増える傾向にある。



Source link

Read Previous

配車依頼が非通知…ピンと来た「アポ電詐欺犯では」 タクシー運転手がお手柄通報

Read Next

共和党重鎮「民主党勝利の可能性高い」 米大統領選

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *