中国月探査船「嫦娥5号」、月面着陸に成功…土壌サンプル採取へ


11月24日に打ち上げられた「嫦娥5号」 写真=中国国家航天局(CNSA)
11月24日に打ち上げられた「嫦娥5号」 写真=中国国家航天局(CNSA)

中国の無人月探査船「嫦娥5号」が1日午後、月面に着陸したと、中国国家航天局(CNSA)が明らかにした。

#【写真】「嫦娥5号」の月面作業場面

嫦娥5号は先月24日午前4時30分(以下、現地時間)、海南省文昌宇宙発射場で最新運搬ロケット「長征5号遥5長征5」に搭載されて打ち上げられた。

嫦娥5号は今まで一度も人類が訪れていない月の「嵐の大洋」地域で2キロのサンプルを採取する。月のサンプルを採取して地球に持ち帰る任務は、1960-70年代の米国と旧ソ連以来およそ40年ぶりで、中国は米国と旧ソ連に次いで3番目の任務遂行に挑戦する。1976年に旧ソ連の「ルナ24号」が200グラムを採取して以来となる。

中国は2013年に初めて月面着陸に成功したが、今回は月からサンプルを持ち帰る計画だ。中国は今後、宇宙飛行士の月面着陸、有人月面基地建設も進めるという。



Source link

Read Previous

【速報】世界中からトランプ援護射撃 「バイデンは不正だ!」「不正だ!」

Read Next

中国「100均のふるさと」激変 消えたバイヤー、シャッター街に

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *