韓国の素材・部品・装備競争力強化1年6カ月の成果…日本の輸出規制が契機

By | January 25, 2021


日本の輸出規制を契機に1年6カ月にわたり素材・部品・装備の競争力強化対策を進めた結果、核心品目のサプライチェーン安定化と事業化に進展があったことが明らかになった。

産業通商資源部は24日、「素材・部品・装備企業現場報告書」を通じ、「核心品目の供給が安定化され、196億ウォンの事業化を達成するなど産業生態系に肯定的な変化が現れた」と明らかにした。

産業通商資源部によると、日本の輸出規制3大品目の液体フッ化水素、極端紫外線(EUV)用レジスト、フッ化ポリイミドは韓国国内での生産を急速に拡充し需給環境を安定的に維持している。

対日100大輸出品目は輸入先を欧州連合(EU)や米国などに多角化する一方、品目別に平均的な在庫水準をこれまでより2倍以上に拡充した。

対日核心100品目を含む338品目以上の世界核心品目と関連しては需給対応支援センターを中心に7000社以上に対する常時需給動向モニタリングにより需給問題803件を解消した。

韓国政府は今年もサプライチェーン核心品目と次世代技術開発研究開発に2兆2000億ウォンを投資するなど、多様な素材・部品・装備競争力強化対策を推進する。産業通商資源部の成允模(ソン・ユンモ)長官は「繰り返されるサプライチェーン衝撃の中でも1年6カ月にわたり国民と企業の努力で賢く克服中であり、こうした努力が次第に成果として表面化している。韓国政府は韓国の素材・部品・装備産業が世界的大国に跳躍できるようあらゆる政策的努力を惜しまない」と明らかにした。



Source link

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *