現代車「米国に8兆ウォン投資」…バイデン政権の「バイ・アメリカン」に呼応

By | May 14, 2021


起亜ジョージア工場 [写真 起亜]
起亜ジョージア工場 [写真 起亜]

現代自動車グループが米国で電気自動車を生産する。現代車グループの海外電気自動車生産ラインでは「コナ・エレクトリック」を生産するチェコ工場に続いて2カ所目となる。現代車グループは今年から2025年までの5年間、米国での電気自動車生産設備拡充などに74億ドル(約8兆4000億ウォン、約8150億円)を投資する計画だ。

業界によると、現代車の米国投資分野には電気自動車生産だけでなく、水素、都市航空交通(UAM)、ロボティクス、自動運転などが含まれる。

現代車は「未来の革新技術に投資することで産業パラダイムの変化を主導する力を確保し、米国内のリーダー企業に飛躍できる基盤を固めていく」と明らかにした。米国内の最初の電気自動車生産は来年ごろ始まると現代車は明らかにした。現代車の関係者は「現地の市場状況と米国のエコカー政策などを検討し、生産設備の拡充など段階的に生産を拡大する案を樹立する」と述べた。

国内の電気自動車生産物量を米国に移管するのではない。この関係者は「電気自動車の米国生産のための投資を通じて安定的に電気自動車を供給できるシステムを備え、確固たる電動化リーダーシップを確保するという腹案」と説明した。続いて「米国市場における電気自動車の新規需要創出に対応するためのもので、国内工場は電気自動車の核心基地としての役割を維持する」と話した。

現代車・起亜が電気自動車モデルの米国現地生産を推進する理由は、米国内の電気自動車需要が急増するという見方のためだ。業界は米国の電気自動車市場が2025年に240万台、2030年に480万台、2035年に800万台と大きく拡大すると予想している。また、米国のバイデン政権が強く推進する「環境政策」「バイ・アメリカン」戦略と連係した電気自動車政策に先制的に対応する狙いがあるとみられる。

米国内の水素生態系拡大に向けて米国政府・企業とも積極的に協力する。米エネルギー省(DOE)と水素および水素燃料電池技術革新およびグローバル底辺拡大のための協力を強化するというのが現代車の説明だ。また、米国水素充填専門企業と水素電気トラック基盤の水素充填インフラ構築実証事業を準備している。港湾と内陸物流基地の燃料電池トラックを活用した物流モデル事業、大型物流企業との燃料電池トラック商用化モデル事業も推進している。



Source link

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *