急性青酸中毒で牛50頭死ぬ、干ばつで飼料に有害物質濃縮 伊

By | August 20, 2022


急性青酸中毒で牛50頭死ぬ、干ばつで飼料に有害物質濃縮 伊 1

多数の牛が死んだイタリア・ピエモンテ州ソンマリバデルボスコにある牧場で、生き残った牛(2022年8月16日撮影)。【翻訳編集】 AFPBB News

【写真12枚】多数の牛が死んでいるのが見つかった牧場、「ソルガム」のサンプルを集める獣医師 他

 地元の動物愛護団体によると、ソンマリバデルボスコ(Sommariva del Bosco)の牧場で6日、イタリアのブランド牛の一つ、ピエモンテ牛約50頭が、急性青酸中毒でごく短時間のうちに死んだ。

 ソルガムには、青酸配糖体であるデュリンが含まれているが、成長とともにその量は減少する。だが現地では干ばつが続いているため成長が阻害され、デュリンの濃度が高まったとみられている。

 同国北西部の動物予防試験所(IZS)の獣医師ステファノ・ジアンティン(Stefano Giantin)氏は「干ばつによってソルガムに多量のデュリンが含有されていたと考えている」と述べた。

 急性青酸中毒では、摂取から10~15分で呼吸や神経、筋肉などの障害が現れ、15~30分後に死に至る。現地で採取したサンプルからは、高濃度のデュリンが検出された。

 ピエモンテ州の他の3か所の牧場でも牛に同じ症状が現れたため、専門家はチオ硫酸ナトリウムを注射する治療を施し、約30頭の牛を救うことができた。【翻訳編集】 AFPBB News



Source link

関連:  【緊急】米国、医療崩壊  +142,808
Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments