バイデンの独裁者分断スピーチ、多くのアメリカ人からNOを突きつけられる/約6割の国民が「バイデンの演説は危険なレトリックだ」「許容できる」はたったの35%

By | September 8, 2022

バイデンの演説が行われた日、演説は大失敗、悪手だと書きましたが、世論調査でも明らかになりました。6割近い、アメリカ人が演説にNOを突きつけました。

世論調査:56.8%がジョー・バイデンの「過激派」スピーチを容認できないと見る


総選挙有権者の56.8%が、共和党員を「共和国の基礎に対する脅威」としたバイデンの演説を受け入れられないと見ていることが、火曜日のトラファルガーの世論調査で明らかになった。

2022年9月6日

総選挙の有権者の56.8%が、共和党を「共和国の基盤に対する脅威」としたジョー・バイデン大統領の演説を受け入れられないと考えていることが、火曜日のトラファルガー・グループの世論調査で明らかになった。

世論調査は回答者に、バイデン大統領が最近のゴールデンタイムの国民への演説で、政敵を「我々の共和国の根幹を脅かす過激派」の代表として非難したことについてどう思いますか?”と尋ねています。

56.8%が、この演説は「危険なレトリックを表しており、アメリカ人の対立を煽るように作られている」と回答しています。この演説が「選挙の年に予想される、許容できる選挙メッセージ」だと答えたのは35%に過ぎない。8%近くが「意見なし」

さらに、民主党議員の20%近くが、この演説を否定的に捉えている。無党派層の62%が「危険なレトリックであり、アメリカ人の対立を煽るようなものだ」と同意している。共和党員の89%が演説に反対している。

木曜日の演説の翌日、バイデンは共和党を米国を脅かす過激派として描いた暗い演説を撤回しようとした。「私はトランプ支持者を国の脅威とは考えていない」とバイデンは記者団に聞かれ、こう答えた。

大多数のアメリカ人がバイデン演説は危険なレトリックのエスカレーションであり、紛争を誘発すると回答

トラファルガーの世論調査によると、大多数のアメリカ人(56.8%)がバイデン演説は危険なレトリックのエスカレーションであり、紛争を誘発するように作られていると回答している。

バイデン氏のスピーチ:トラファラーグループ世論調査

バイデン大統領が最近のゴールデンタイムの演説で、政敵を「我々の共和国の根幹を脅かす過激派」と非難したことについて、あなたはどう思われますか?

・これは危険なレトリックのエスカレーションであり、アメリカ人の対立を煽るものである:56.8%
・選挙期間中であることを考慮すれば、許容範囲内である:35.5%
・よくわからない:7.7%

関連:  【速報】トランプ、戒厳令発令後に中国と全面戦争開始
Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments