東山紀之の新たな一面――TVマンが明かす「ウラ」の顔

By | September 23, 2023
東山紀之の新たな一面――TVマンが明かす「ウラ」の顔 1

東山紀之

ジャニーズ事務所の新社長である東山紀之氏が、ジャニー喜多川氏の性加害問題を巡り、19日に取締役会を開催したことを、公式ホームページで報告しました。

しかし、その内容については「今後の会社運営に関わる大きな方向性について議論し、進むべき方針を確認した」という程度で、具体的な進捗内容は来月2日に報告するとのことです。

この報告に対しては、「タレントの早期移籍をサポートすべきだ」といった意見や、「取締役会が機能しているのか」といった疑問の声がネット上で上がっています。

元テレビ朝日プロデューサーの鎮目博道氏は、「スポンサー企業の打ち切りが相次ぎ、対応が後手後手になっている。来月まで回答を待つという対応は、世間の温度感を全く理解していないことを示している。また、ファンとしては東山社長に事務所のトップタレントとしての意見を聞きたいと思っていたが、ジャニー喜多川氏を“鬼畜”とまで見方を変える姿からは、台本通りに“演じている”ようにしか見えない」と指摘しています。

そんな東山紀之氏の「ウラの顔」について、あるテレビ局関係者が興味深いエピソードを明かしています。

「ジャニーズの優等生キャラ」とのギャップ

東山紀之氏は、あるゴールデンタイムのバラエティ番組でレギュラー出演者が卒業する際、花束贈呈が行われました。その際、他の出演者は和気あいあいと花束を受け取っていましたが、東山さんだけはチーフプロデューサーが花束を渡そうとすると、キッと睨みつけて無言で花束を奪い、楽屋に戻ってしまったそうです。

東山さんの鋭い目つきと「ジャニーズの優等生キャラ」とのギャップには、その場にいたMCや他のメンバーも驚きました。スタッフたちは東山さんの強烈な目つきに恐怖さえ感じ、花束を渡したチーフプロデューサーも驚きました。

このエピソードを聞いたスタッフたちは、東山紀之氏が最近の記者会見などで本音を話しているとは思えないとコメントしています。

鎮目氏は、「会社の立て直しには、世渡りのうまい風見鶏ではなく、誠実な人材が必要です。だからこそ、自分の意見をはっきり述べていた井ノ原快彦さんのほうが適任に思えます」と述べています。多くの人が同様の意見を持っているのではないでしょうか。

参照リンク:日本ニュース24時間