前橋市長選に佐田玄一郎氏が出馬を正式表明


前橋市長選に出馬する意向を正式表明した佐田玄一郎氏=26日、前橋市(橋爪一彦撮影)

 元自民党衆院議員の佐田玄一郎氏(66)が26日会見し、来年2月下旬の任期満了に伴う前橋市長選に無所属で立候補する意向を正式表明した。

 佐田氏は「閉塞(へいそく)感のある前橋を何とかしたいと思い決意した。企業を誘致して雇用を増やし、人口を増やし景気を良くしたい。希望のある前橋を再生したい」と話した。

 市長選をめぐっては、2期目の現職、山本龍市長(60)と前橋市議の中島資浩(もとひろ)氏(48)が出馬する意向を表明。自民党県議の岩上憲司氏(46)=前橋市区=も立候補を検討していることを明らかにしており、自民系候補が乱立する選挙戦となる可能性が高まっている。

 佐田氏は平成2年の衆院選旧群馬1区で初当選し、当選9回。第1次安倍政権で行政改革担当相を務めた。29年の前回衆院選では群馬1区からの立候補を目指したが、自民党の公認を得られず、保守分裂回避を理由に断念した。



Source link

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*