野党が40日間の会期延長動議を9日に提出へ





会談に臨む(中央左から)共産党・小池晃書記局長、立憲民主党・福山哲郎幹事長、国民民主党・平野博文幹事長ら野党各党派の幹事長書記局長=5日午後、国会内(春名中撮影)

 立憲民主、国民民主、共産など主要野党は5日、国会内で幹事長・書記局長会談を開き、今国会の閉会日となる9日に会期を40日間延長する動議を衆院に提出する方針を確認した。安倍晋三内閣不信任決議案提出については6日の党首会談で協議する。

 立民の福山哲郎幹事長は会談後、記者団に「首相は全く国会で説明責任を果たしていない。この状況で閉会することは許し難い」と述べ、会期を延長して首相主催の「桜を見る会」に関する疑惑などを追及する必要性を強調した。

 これに先立ち、自民党の森山裕、立民の安住淳両国対委員長が国会内で会談した。安住氏は会期延長を求めたが、森山氏は回答を留保。森山氏は会談後、記者団に「非常に難しい問題だ。表情で分かっていただけたのではないか」と語り、応じられない考えを強くにじませた。



Source link

0 Reviews

Write a Review

Read Previous

仙台市議会が開会 台風19号復旧費などで補正予算案 道路照明灯の措置報告

Read Next

被災地へ薪支援、約1トンを運び込み

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *