ムバラク元エジプト大統領が死去 91歳、独裁30年





ムバラク大統領の肖像画をかかげる支持者=カイロ(ロイター)

 【カイロ=佐藤貴生】ロイター通信は25日、エジプト国営メディアの情報として、エジプトで約30年にわたって独裁体制を敷いたホスニ・ムバラク元大統領が死去したと伝えた。91歳だった。死因などは不明。

 ムバラク氏は1981年に暗殺されたサダト大統領の後を継いで大統領に就任。中東・アフリカで民主化要求デモが広がった「アラブの春」の影響を受け、エジプトでも反政府デモが拡大し、2011年2月に辞任した。

 その後、デモ隊殺害に関与した罪で終身刑を言い渡され、数年間にわたり投獄されたが、やり直しの裁判で無罪が確定した。最近は療養生活を送っていた。

 1928年、北部メヌフィヤ県生まれ。空軍士官学校卒。73年の第4次中東戦争の緒戦では空軍司令官として、エジプトを“電撃的勝利”に導き、功績がサダト氏に認められ、副大統領に就任した。

 エジプトは穏健アラブ諸国の「盟主」とされ、ムバラク氏は大統領在任中、外交面で親米・親イスラエル路線を堅持。パレスチナ和平仲介にも関与し、中東における米国の「代理人」ともいえる存在だった。



Source link

0 Reviews

Write a Review

Read Previous

《独自》韓国・大邱からの入国制限 政府決定へ、滞在歴ある外国人

Read Next

山口組ナンバー2宅 銃弾発射容疑で男再逮捕

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *