米大統領選 トランプ氏が選挙後初のテレビ出演 「徹底抗戦」打ち出すも「最高裁にはたどり着けないかも」と悲観的見通しも


【写真】ホワイトハウスの敷地を孫たちと歩くトランプ大統領

 トランプ氏は一方で、選挙結果の逆転を目指す一連の法廷闘争が相次いで棄却されていることに関し「弁護団は最高裁判所での審理を望んでいるが、たどり着くのは難しそうだ」と悲観的な見通しも示した。

 最高裁は、必ずしも上告を受理する必要はない。

 トランプ氏が選挙後、テレビ番組に出演するのは初めて。トランプ氏は「私の決意は今後6カ月間は変わることはない」と述べ、選挙に「大がかりな不正」があったとする自説は曲げない立場を強調した。

 トランプ氏の弁護団は中西部ミシガンとウィスコンシン、東部ペンシルベニアと南部ジョージア、西部アリゾナの各州で訴訟を提起したが、ほとんどが「証拠がない」などとして棄却されている。

 トランプ氏はまた、司法省や連邦捜査局(FBI)による一連の「不正」疑惑への対応に関し「(連中は)行方不明だ。何をしているのか分からない」と語り、捜査に動こうとしないとして不満を訴えた。

 一方、米メディアによると、トランプ陣営の要請で中西部ウィスコンシン州の2つの郡で行われた再集計が29日終了し、バイデン氏がトランプ氏に約2万票差をつけて勝利した集計結果が確定した。再集計の際に判明した一部の票の集計ミスを修正したところ、バイデン氏の票が87票上積みされたとしている。



Source link

Read Previous

韓国は「守望相助」、日本は「一衣帯水」…王毅中国外相の発言の真意とは

Read Next

当局は死亡者数30万人超を警戒も… トランプ大統領、新型コロナウイルスについてほとんど語らなくなる

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *