Breaking News :

米国政府が韓国の楽観的な報道を否定してしまう! 「まだ交渉は終わっていない。分担金をもっと多く出せ」 どうすんのこれ…

韓国「北朝鮮観光を推進する!」 北朝鮮「国境閉鎖。肺炎阻止」 終わったな…

韓国がイランに横流ししたフッ化水素の量は数千トンだった! ラジオ日経でとんでもない事実が報道されてしまう!

中国の新型肺炎で韓国旅行業界がパニック状態!? キャンセル率が20%に?韓国経済も落ち込む?

在韓米軍撤収目前か! 数週間以内の休職を韓国の基地労働者に通知へ! 終わったな…

【速報】韓国レーダー照射の真相がやばすぎた! フッ化水素をイランに横流しした現場を自衛隊に見られていたことが発覚! この話もっと広めるべきだろ…

【拡散】中国肺炎で封鎖されている都市まとめ  2,000万人以上が閉じ込められていることが明らかに! やばすぎだろ…

韓国「北朝鮮と五輪を共催する!」 米国「文在寅はファンタジー世界の住人か?」 当然の批判だな…

韓国の経済成長率、10年ぶり最悪の数値でデフレの危機!? 韓国政府の財政出動で持ちこたえる?大丈夫なの?

【速報】韓国がイランにフッ化水素を横流しした件が日本のラジオで放送されてしまう! 決行日は2018年12月20日だったことも判明! ついに事実だと証明されたか…

January 25, 2020
  1. Home
  2. トランプ政権

Tag: トランプ政権

    米国ニュース
    米国政府が韓国の楽観的な報道を否定してしまう! 「まだ交渉は終わっていない。分担金をもっと多く出せ」 どうすんのこれ…

    米国政府が韓国の楽観的な報道を否定してしまう! 「まだ交渉は終わっていない。分担金をもっと多く出せ」 どうすんのこれ…

    米国政府が韓国の楽観的な報道を否定してしまう! 「まだ交渉は終わっていない。分担金をもっと多く出せ」 どうすんのこれ… 米国との防衛費交渉で韓国政府が楽観的な見通しを示したが、米国政府がそのことをあっさりと否定してしまった。まだ努力が必要だし、合意にも到達していないという言い方でだ。これに先立ち韓国では数%の上昇幅で話がまとまるという報道が出てきたらしく、韓国政府は楽観的なばかりか米国に断りなく話を進めようとしていたことも分かった。まったくもってどうしようもない政権だ。 韓米防衛費交渉、米国務省「まだ努力が必要」 1/24(金) 11:40配信 朝鮮日報日本語版 韓国の楽観論にブレーキ  韓米防衛費分担金交渉について米国務省は22日に声明を発表し「歩み寄りにはまだ相当多くの努力が必要だ」とコメントした。韓国国内では交渉妥結への楽観的な見方が出ているが、これに米国側が「まだ終わっていない」としてブレーキをかけた形だ。米国務省のモーガン・オータガス報道官は22日(米国時間)「われわれは、防衛費分担特別協定(SMA)が韓米両国の間でほぼ合意に至ったという報道を見た」とした上で「実際のところ互いに受け入れ可能な合意に到達するにはまだ相当の努力が必要だ」と説明した。  米国務省の別のある高官も防衛費交渉について「時に後ろに大きく後退すれば、米国が(国際)関係にもたらす全てのことに感謝する価値があることが分かる。韓米関係も例外ではない」とコメントした。今月14-15日にワシントンで開催された第11次韓米防衛費分担特別協定締結に向けた6回目の会議翌日、米国のポンペオ国務長官とエスパー国防長官は「米国は、韓国が(防衛費分担金を)より多く負担すべきと信じている」という内容の文書をウォールストリート・ジャーナルに寄稿したが、その背景について説明する際に上記のコメントが出た。この高官は「単に外交面あるいは安全保障面だけではなく、韓国戦争から70年間、米国の存在がもたらした全てを見て、同盟を結ぶわれわれ双方にもたらされた価値を振り返るということだ」とも説明した。  韓国国内では最近、与党・共に民主党関係者の発言として「分担金交渉は最終段階に入りつつあり、最終的に1桁台の上昇で調整している」などと報じられた。李秀赫(イ・スヒョク)駐米韓国大使も21日の特派員懇談会で「(韓国は案を)提示したが、相手側の最終決定を待つ時間が必要だ」「2月までには結論を出すというタイムスケジュールをもって交渉中」と発言した。しかし米国側は「まだ終わっていない」「韓国は分担金をもっと多く負担せねばならない」と改めて圧迫してきたのだ。  これについてワシントンのある外交筋は「トランプ大統領にはまだ詳しい交渉内容について報告されていないようだ。しかし暫定案の報告を受けたトランプ大統領がこれを突き返した可能性もある」とコメントした。 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200124-00080022-chosun-kr 次回の防衛費交渉の日程も決まらず 防衛費の交渉って、次はいつなんですか? たぶん決まってないと思う。だが韓国政府としては2月中にも決着をつけたいようで、その金額の上昇幅も1桁台で抑えたいということらしい。 1桁台、とは? よくて数%の上昇幅ということだろう。去年の防衛費が9億ドルだったから、それがせいぜい9.5億ドルになる程度の上昇で調整中だと韓国政府が勝手に言い出したという話だ。 トランプ大統領は、それでは満足しないと思うんですけど・・・。 な。これに限らず韓国政府は常に身勝手な物の考え方をする。相手に断りなく自分に都合いい決定ばかりを押し出してくる。最近は日本だけでなくあらゆる国相手にやるから性質が悪い。 その報道をしたのは、朝鮮日報ではないんですか? 軽く探したけど見つからなかった。韓国ポータルサイトでの話かもしれない。まあどっちにせよ米国が否定したわけだから無意味だがな。 2月までに結論が出るというのも、楽観的な気がしますね・・・。韓国政府は、ムン大統領に断りなく政治を進め過ぎだと思います!ムン大統領は、脱米構想を目指してるんです! 出た出たww まあ共に民主党の議員が暴走気味な感じはするね。ハリス大使のひげを批判したのもどこぞの議員だったが、公捜処設置法案が通ったことでやり方が露骨になってきたとも言える。 韓国は米国に感謝すべきだと国務省高官が言い放った このことは愛国日報も報道している。米国務省が韓国は米国に感謝すべきだと言い放ったという話も添えている。 米高官「韓国は我々が与えたものに感謝すべき」…防衛費でまた圧力 1/24(金) 8:43配信 中央日報日本語版  米国務省の高官が22日(現地時間)、韓米防衛費分担金(SMA)交渉に関し、「韓国は時には大きく一歩退いて、米国が韓米関係に提供したすべてのものに感謝する必要がある」と述べた。ポンペオ国務長官とエスパー国防長官が「韓国は扶養対象でない」という共同寄稿をしたのに続き、分担金の大幅増額で譲歩すべきという全方向からの圧力という分析が出ている。米国務省はこの日、最近1けた引き上げ率で合意に近づいたという一部の報道についても「格差を狭めるには多くのことが残っている」と否認した。  国務省高官はこの日、ポンペオ長官と韓国の康京和(カン・ギョンファ)外相、日本の茂木敏充外相の3カ国外相会談の結果を伝える席で、16日のウォールストリートジャーナルの共同寄稿がSMA交渉にどんな影響を及ぼすことを意図したのかという質問を受けると、韓国の譲歩を促した。  この高官は「共同寄稿に関する限り、時には(韓国が)大きく一歩退いて我々が提供したすべてのもの、米国がこの関係に提供したすべてのものに感謝する必要がある」とし「韓米関係も同じだ」と述べた。続いて「共同寄稿は単に外交や安保ではなく、朝鮮戦争以降の米国の70年間の駐留がもたらしたすべてのものを振り返り、同盟の我々双方に対してその価値について改めて言及したものだ」と伝えた。過去70年間の韓国に対する米国の寄与に感謝し、韓国が大きく譲歩すべきということだ。  「双方が最近、結論に到達してSMA合意に至ったのか。寄稿は米国が一種の再協議をしようという動きではないのか」という質問に対しては、「議論に先入観を持たない。我々はこの問題に対する特別代表と首席交渉家が別にいて、議論はずっと進行中」と答えた。また「寄稿は我々が寄与したすべてのことを説明する機会だった」と話した。  米国務省のオルタガス報道官もこの日の声明で「韓米がSMA合意に近づいたという報道を見た」とし「実際、お互いに受け入れられる合意に到達するために意見の違いを狭めるには多くのことが残っている」と述べた。14-15日にワシントンで開かれた6回目の交渉で「韓米が隔たりをかなり狭めた」「1けた引き上げ率で意見が接近した」とした韓国メディアの報道を否認したのだ。 ・・・…

    米国ニュース
    中国との第1段階の合意内容で一部妥結できず  15日の署名式は延期される可能性も

    中国との第1段階の合意内容で一部妥結できず  15日の署名式は延期される可能性も

    中国との第1段階の合意内容で一部妥結できず  15日の署名式は延期される可能性も 米中の第1段階合意の署名まで残すところ数日となりましたが、現時点でもいくつかの合意内容で完全には妥結できていないことが明らかになりました。中でも重要なのは中国が今後2年間で米国の農産物購入金額を年間400億ドルに拡大するというもので、中国はブラジル産の農産物の購入量を増やしており合意内容を順守するかどうかが疑問視されています。合意が先送りされることはないとのことですが、どのような内容の合意文書になるかに注目が集まります。 第1段階の米中合意、完全な妥結はまだ 15日の署名控え=当局者 1/11(土) 4:15配信 ロイター  [ワシントン 10日 ロイター] – 米中両国が「第1段階」通商合意の調印式を1月15日に控える中、合意内容で完全に妥結できていないと、ホワイトハウス当局者が10日、明らかにした。  ライトハイザー米通商代表部(USTR)代表は昨年12月15日に、86ページに及ぶ合意文書の翻訳や修正が必要なものの、合意は「完全に成立」したとの見解を示していた。  カドロー米国家経済会議(NEC)委員長はFOXビジネス・ネットワークに対し「(翻訳は)おおむね完了している」とし、調印に向け「全て予定通り」としたが、ホワイトハウス当局者はこの日、翻訳はまだ完了していないと述べた。  またナバロ米大統領補佐官(通商製造政策局長)はCNBCに対し、「86ページに及ぶ合意文書が中国語に翻訳されるのを待っている」とした上で、合意は保証されているとの見解を示した。  これまでの米中通商交渉では土壇場で混乱を招いた経緯がある。2019年5月には中国側が合意文書案に修正を加えたことで合意が破棄された。  第1段階の通商合意では中国が今後2年間で米農産物購入を年間約400億ドルに拡大するとされているが、中国政府はこのような詳細について認めていない。また足元では中国によるブラジル産大豆の購入量が増加しており、米農産物の購入拡大に疑問を投げかける。  事情に詳しい中国当局者3人によると、米政府が交渉中に何度も姿勢を変化させたため、中国は第1段階の通商合意に関する詳細について公式に議論しないよう気を付けているという。  当局者の1人は、重要なのは調印ではなく執行だと指摘。米中双方が1カ月にわたり文章や文言の選択について議論してきたと述べた。  米関係者は8日、翻訳が進むにつれて「いくつかの小さな問題」が発生しているとした上で、「合意の先送りにつながるものではない」と述べた。  トランプ米政権は1月15日の調印式に少なくとも200人の関係者を招待しており、中国側からは鐘山商務相や中国人民銀行(中央銀行)の易綱総裁、財務省や外務省の事務次官などが出席するとみられている。 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200111-00000004-reut-bus_all 大統領補佐官のNavarro氏の発言内容について おいおい大丈夫なのかこれ?トランプが求めた農産物の購入量を中国が受け入れるから合意できるんじゃなかったの? 現時点では不透明です。2019年5月にも合意寸前で中国が文書に手を加えたため一旦破棄された経緯がありますが、今回もそうならないとは断言できない状況です。その一方で、大統領補佐官のNavarro氏は合意は保証されていると述べています。 ナバロ補佐官は、カドロー委員長よりも当てになりますか? どうかな?ナバロ補佐官はトランプに12月の関税発動を強く求めてた人だと思うけど、それが通らなかったということは大して影響力がないと思う。 そうみたいですね・・・。関税が引き上げられない兆候はない、って不満そうに言ってる記事が見つかりました! Navarro氏は関税の先送りに異論を唱えたものの、トランプ氏はその意向を採用しませんでした。中国との合意を優先させる思いがトランプ氏にはあったようです。9月以降に発動した関税のみを段階的に引き下げることで合意しました。 だね。第4段階だけやめて第1から第3までは全部そのまま維持ってこの前もやった。中国がそれで納得できているのか怪しいんだけど、残り4日しかないしトランプは関係者を大勢呼ぶ形で合意を既成事実化しようとしてるよね。 中国は合意を反故にしようとしておる。けしからんのう。 トランプが合意に農産物の購入金額の数値を盛り込めるかどうかですね…。中国は合意を骨抜きにしたいでしょうから。 1月15日の合意署名式も開催が不透明な状況に これに先立ちトランプ氏が1月15日の署名は延期される可能性があることを示唆しました。確定事項ではないことが明らかになった形です。 中国との第1弾通商合意調印、「1月15日になると思う」=米大統領 1/10(金) 13:53配信 ロイター…

    国際
    米国政府がイラク駐留軍撤退計画を全面否定  戦争へと突入する危険性高まる

    米国政府がイラク駐留軍撤退計画を全面否定  戦争へと突入する危険性高まる

    米国軍がイラクからの撤退を求められていた問題で、イランの国防省に宛てた書簡に撤退の要求を尊重すると記載されていたことが分かりました。具体的な撤退の計画も同時に書かれていたとされていますが、国防長官のMark Esper氏はこの報道を全面否定し書簡の所在について調べると述べました。これに伴い国内ではトランプ氏の政策への不支持が拡大し、戦争への突入を懸念する声が高まっています。 イラクに米軍撤退伝える書簡、米政府は火消しに追われる 1/7(火) 12:06配信 ロイター  米軍が撤退を計画しているとの書簡がイラク政府に送られたとの報道について、エスパー米国防長官は6日、「撤退する計画は全くなされていない」と全面否定した。  だがロイターが入手した文書によると、書簡はイラク国防省宛てで「わが軍の撤退を求めた貴国の決定を、米国は尊重する」とあり、兵士をヘリで撤退させるといった具体策も明記されていた。  ロイターが入手した外交文書には、イラク駐留米軍司令官の名前で「イラク議会ならびに首相の要請により、CJTF-OIR(対「イスラム国」有志連合)は今後数日から数週間にわたり前進に備えて部隊を再配置する」と書かれていた。  書簡について問われたエスパー長官は記者団に対し、「それがどういう書簡なのかわからない。それが何であり、だれが送ったのか調べている。イラクを撤退するという決定はなされていない、以上だ」と述べた。  米軍制服組トップのミリー統合参謀本部議長もあわてて訂正。書簡は「出来の悪い」草稿であり、イラク撤退の計画はないことを強調した。  イラクには約5000人の米兵が駐留している。 (以下略) https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200107-00010004-reutv-m_est 国防長官は書簡そのものの存在を認識せず この話はよく分からないんだけど、イラク撤退計画が取り消されたということじゃない? そうとしか思えないですね・・・。陰謀論の世界では、北朝鮮のミサイルも実際には発射された事になってます! まじで? こちらの報道はReutersの入手した文書に基づいたものですが、国防長官のMark Esper氏によればそのような撤退計画はないとのことです。書簡そのものの存在について認識しておらず、送付元を調べるとしています。 アメリカ軍制服組のトップは、どうして慌てて否定したんですか? 怪しいよな。ロイターも疑っているということだと思う。 そうですね。該当の書簡についての詳細は明らかではありませんが、政府としては全面的に存在を否定する立場のようです。統合参謀本部議長のMilley氏が述べるように草稿である可能性が高いと考えられます。 差出人が誰の名義になってるかだと思うけど、国防総省じゃなかったりするのかもね。憶測と断定できるほどの情報もないみたいだし、計画が取り消された説を現状では保持しておくよ。 イランとの戦争が始まりそうだから、撤退をやめたんでしょうか? 撤退そのものが計画にないという前提ですので、理由についても説明は不要かと思います。 中東情勢はワシには難しいのう。遠い国同士の出来事じゃよ。 日本国民にとっては中東は遠いですからね…。日米同盟の観点から関わらないわけにもいかないのが悩みどころです。 米国では戦争への突入を予想する声が強まる これに伴い国内でもトランプ氏の政策を批判する声が高まっています。戦争への突入を予測する声も増えており、支持政党間の亀裂も表面化することになりました。 トランプ氏対イラン政策、国民の不支持拡大 戦争突入予想強まる 1/8(水) 9:37配信 ロイター  [ニューヨーク 7日 ロイター]…

    米国ニュース
    米国政府が中国への技術流出を阻止  AIの輸出を規制対象に

    米国政府が中国への技術流出を阻止  AIの輸出を規制対象に

    米国政府が中国向けの新たな政策を発表しました。中国などの競合国に高度な技術が活用されるのを防ぐために、AIなどの技術の輸出を本日6日より規制することになります。経済や安全保障上の問題などが理由とされています。 米、AIソフトを輸出規制対象に 競合国活用を抑止 1/6(月) 8:37配信 ロイター  [ワシントン 3日 ロイター] – トランプ米政権は、慎重な扱いが必要な技術が中国などの競合国に活用されないようにするため、来週から人工知能(AI)ソフトウエアの輸出を規制する。  6日施行の新たな規則に基づき、一部の地理空間画像ソフトを米国から輸出する会社には、カナダ向けを除いて免許申請が義務付けられる。  輸出規制措置は2018年制定の法律に基づくもので、商務省が初めて策定した。同法は慎重な扱いが求められる技術について、経済や安全保障上の理由で中国などへの輸出管理を強化する規則を商務省が策定するとしている。  規則は米国のみで施行されるものの、国際機関に提出し、対等な競争環境創出を図る可能性もある。 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200106-00000007-reut-bus_all 第2段階の合意事項に盛り込まれる可能性も トランプ大統領の、第2段階の合意ですよね? さっきちょうどそういう話をしてたんだよな。第1段階の合意では通商面のみで、第2段階の合意ではいよいよ知的財産権や技術移転に関する問題に踏み込むんじゃないかと。 現段階では第2段階の合意の中身について明らかにされたものはありませんが、第1段階の合意の署名に合わせて交渉が始められるとしています。今回のAI技術などの輸出規制については、中国との合意事項に含まれる可能性があると考えられます。 記事を読む限りほぼGoogleのことだと思うんだけど、商務省が法律を制定しなければならない状況なんだろうか? 安全保障に関わるから、キチンとしておくのは当たり前だと思います! 今回の規制措置は2018年に制定された法律が根拠となっています。記事中に中国という国名が2度出されているように、こちらの規制は中国企業を主な狙いとしています。中国に限らず競合とみなされれば該当することになります。 なるほどね。トランプ政権としてもやることはやってると。対中強硬政策も抜かりないと。そういうわけだ。俺もこれで安心したよ。 さっきまで「エスパー政権」と言ってたのがウソみたいですね・・・。 ワトソン君、何の話かね?わたしはみにおぼえがないはなしだ。 ちょっと(笑) 15日の署名式の準備が進むも政府からの公式発表はない 中国との合意については予定通りに進められているようです。中国の訪米団が1月13日に米国を訪れ、15日に署名することになります。政府からの公式な発表はなされていない状況です。 中国副首相、13日に訪米 貿易合意に署名=香港紙 1/6(月) 8:04配信 ロイター  [5日 ロイター] – 香港英字紙サウスチャイナ・モーニング・ポストは5日、関係筋の話として、中国の劉鶴副首相率いる代表団が1月13日から米国を訪問し、米中通商交渉の「第1段階」の合意に署名する予定だと報じた。  帰国は1月16日の予定という。  代表団の訪米は当初1月初旬に計画されていたが、トランプ米大統領が第1段階の合意に1月15日に署名するとツイッターに投稿したことから、予定を変更したという。  米中両国政府は劉鶴副首相の訪米を確認していない。…

    国際
    米国国防総省が中東への3,000人を増派すると発表  レバノンの大使館防衛などを視野に

    米国国防総省が中東への3,000人を増派すると発表  レバノンの大使館防衛などを視野に

    米国国防総省が中東への3,000人を増派すると発表  レバノンの大使館防衛などを視野に 中東情勢が緊迫した状態となっています。米国国防総省は中東への増派を発表しました。第82空挺師団から3,000人を送り込むとしています。それとは別に第173空挺師団からの派遣によりレバノンの大使館を防衛することも検討されています。これに先立ち米国はイランの精鋭部隊の司令官を攻撃しており、イラン側は強く報復することを示唆しました。 米軍、中東に約3000人増派 脅威の高まりに対応=国防総省 1/4(土) 7:50配信 ロイター  [ワシントン 3日 ロイター] – 米国防総省は3日、第82空挺師団から中東に約3000人を増派すると発表した。中東地域で米軍に対する脅威が高まる中での予防措置という。  また匿名の米高官は、レバノンの大使館防衛などに向け、欧州を拠点とする第173空挺師団の一部派遣なども検討されていると述べた。  国防総省は声明で、「米国の国民と施設に対する脅威レベルの高まりに対応する適切かつ予備的な措置」としてクウェートに増派し、予備部隊の再構築を支援するとした。今週発表された約750人の米兵派遣に加わることになる。 (以下略) https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200104-00000010-reut-asia 戦争を止めるための攻撃だったとトランプ氏 やはりこの話が来ると思ったよ。昨日のBBCはずっとこの話題だったしね。 有能さん!トランプ大統領は、変わってしまったんでしょうか?トランプ大統領が、攻撃命令を出したんですよね? 今回の記事はトランプ政権によるイランの司令官への攻撃ではなく、それに伴う予防的措置としての米国軍の中東地域への派兵に関するものです。第82空挺師団より3,000人が増派されるとしています。 いやまあ増派の理由がイラク情勢の悪化だからな…。まあここでは取り上げられないか。 攻撃は、トランプ大統領の命令で実行されたみたいですけど・・・。 トランプは命令を出すだけの人だからな。実質的な権限はエスパー国防長官にあると思う。 該当の作戦に関する詳しい内容は不明ですが、米国政府内ではイランによる米国への攻撃を抑止するためとの見解で共通しています。トランプ氏も同様に戦争を止めるための攻撃だったと正当性を強調しました。 その言い訳に無理があるんじゃないかという話をさっきまでしてたんですがね。戦争をやめるために空爆するだ?そんなものは◯◯を落としたのとまったく同じ言い訳じゃないか。他に何か理由があるんだろ? ちょっと!黒井さん!愛国心を発揮してはいけません! 今回の措置はトランプ氏の休暇中に出されたものです。それだけ作戦が緊急を要するものだった可能性が高いということです。詳しい作戦内容が明らかにされていませんので、状況を注視する必要があります。 抑止力がむしろ戦争につながる可能性も提起される 俺はむしろこれから中東戦争が始まるんじゃないかと危惧してるんだよ。米軍の兵士を3,000人も中東に送り込んだら戦争する気満々にしか見えないじゃないか。トランプはそれでもいいのかと問いたいんだ。 やっぱり、金融ニンジャさんの言う通りでしたね・・・。トランプ大統領も、素人だったんです。周りが意地悪クラブに囲まれてるから、何もできないんです! トランプ氏は必要な時には即座に攻撃を行なうことは以前から明言していました。それこそが抑止力に繋がるという解釈です。米国軍が必要ない状況であれば撤収も考えられます。 バグダディだっけ?イスラムの指導者をいくらやっつけても後から後から違う勢力が出てきて、延々と終わらない戦いへと突入していくような気がするよね。正直きりがないよ。世界情勢はいつになったらよくなるんだ? 平和なんて幻想なんだなと、この1年で確信しました。ムン大統領も失敗したし、キム委員長も、トランプ大統領もみんな失敗しました! 金正恩は違うだろ。平和なんて1ミリも望んじゃいない。単に北朝鮮が韓国を制圧して統一するのを邪魔するなと言ってるのであって、それが平和裏に終わるとは思ってないはずだ。 私からはこちらの報道も共有します。 米ISM製造業指数、12月は10年ぶり低さ 一部業種で改善期待も 1/4(土) 3:51配信…

    東アジア
    北朝鮮が非核化をやめると宣言!? 新しい戦略兵器を目撃すると予告?どうなるの?

    北朝鮮が非核化をやめると宣言!? 新しい戦略兵器を目撃すると予告?どうなるの?

    北朝鮮が非核化をやめると宣言!? 新しい戦略兵器を目撃すると予告?どうなるの? 他に面白い話題がないので、北朝鮮の話をやります・・・。去年の31日まで中央委員会総会をやってたんですけど、そこで「新たな戦略兵器」について明言したそうです!アメリカが敵対姿勢を取るなら、非核化もないと言い切ったとか。北朝鮮は、どうなってしまうんでしょうか? 正恩氏「遠からず新戦略兵器を目撃」 党総会やっと閉会 1/1(水) 10:31配信 朝日新聞デジタル  北朝鮮の平壌で31日、4日間にわたって開かれていた朝鮮労働党の中央委員会総会が閉会した。金正恩(キムジョンウン)党委員長が報告を行い、「米国の敵対行為と核の威嚇が増大している現実のなか、将来の安全を放棄することはできない。世界は遠からず、新たな戦略兵器を目撃する」と語った。総会は28日から異例の長期間にわたって開かれていた。  正恩氏は「米国があくまで敵視政策を追求するなら、朝鮮半島の非核化は永遠にない。米国の敵視が撤回され、朝鮮半島に恒久的で強固な平和体制が構築されるまで、国家安全のために必須な戦略兵器開発を行っていく」と語った。 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200101-00000020-asahi-int 今年は新年の辞がなかった?異例の事態? 今日は中国事案ではなく北朝鮮事案? そうです!キム委員長が、新戦略兵器を近いうちに披露すると言っていて、不穏な雰囲気になっているんです・・・。 これは年初の発言ではなく年末の発言だね。年末の時点ですでに北朝鮮は米国との有事を想定しているというわけか。何とも物騒だな。 でも、アメリカが敵対的な政策を続けるならと言ってるので、アメリカが融和的になれば、また変わる気がします! 年末が期限だったはずだから、今日にも新しいメッセージが出てくるのかな?知らないけど。 新年の挨拶って、普通1月1日にやりますよね?ちょっと調べてみます! すでに何らかのメッセージが出ているはずだけど、特に話題にもなっていないようだし不思議ではある。 キム委員長は、「新年の辞」をやらなかったそうです!異例みたいです・・・。どういう事なんでしょうか? 正恩氏 「新年の辞」なしか=就任後初めて 1/1(水) 10:37配信 聯合ニュース  【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)が就任してから初めて「新年の辞」を発表しないもようだ。党機関紙、労働新聞は1日、1面に金委員長の新年の辞の代わりに先月28~31日に開かれた党中央委員会総会の結果を報じた。金正恩体制発足後の2013年以降、労働新聞に新年の辞が掲載されなかったのは初めて。  通常より1時間早く放送を始めた朝鮮中央テレビも新年の辞の予告放送を行わなかった。昨年は新年の辞の放送を予告し、午前9時に放送していた。  金委員長は13年から毎年1月1月に録画放送で新年の辞を肉声で発表してきた。  北朝鮮で最高指導者の新年の辞は分野別の課題が提示され、提示された課題は必ず執行しなければならない絶対的な指針とされている。  今年は非核化を巡る米朝交渉の膠着(こうちゃく)や制裁の長期化など厳しい局面で開かれた総会の結果をもって新年の辞に代えるものとみられる。 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200101-00000010-yonh-kr おいおい…。となると年末のその”新戦略兵器”とやらの誇示で最後という話か?完全に有事モードのような気がするね。 ネットユーザーの反応を、先に調べてみます! 北朝鮮が弱気になっている理由は? どうだ?何か見つかったか? やっぱり、クリスマスプレゼントが用意できなかったと思われてて、全然相手にされてないですね・・・。旧型ミサイルの塗装を変えるだけでは(N3さん)、今までと何が違うのか(QKさん)、という雰囲気です。 もしかしてトランプの圧力作戦が効いてるのかな?俺も探してるんだけど、さっきこういう記事を見つけた。 金党委員長「攻勢的な措置をとる」…

    東アジア
    【速報】北朝鮮が有事の準備に入ったらしい! 平壌住民に非常召集令を発令したもよう! いよいよ朝鮮戦争の再開か…

    【速報】北朝鮮が有事の準備に入ったらしい! 平壌住民に非常召集令を発令したもよう! いよいよ朝鮮戦争の再開か…

    【速報】北朝鮮が有事の準備に入ったらしい! 平壌住民に非常召集令を発令したもよう! いよいよ朝鮮戦争の再開か… 北朝鮮で有事の気配があるそうだ。29日まで2日間行なわれていた朝鮮労働党の全体会議で”歴史的な報告”が金正恩よりなされたが、その会期中に平壌で住民の非常総召集令が出されたという。2010年に韓国を砲撃した際にも同様の召集があったということで緊張度が高まっている。 平壌に住民総招集令、北朝鮮で今起きていること 12/30(月) 6:10配信 JBpress (在ソウルジャーナリスト) 北朝鮮から時期外れの「クリスマスプレゼント」が近いうちに届くことになるかも知れない。 朝鮮中央通信は12月29日、「北朝鮮の金正恩委員長が28日、労働党第7期第5回全員会議を開き、“歴史的な報告”をした」と報道した。同通信は同日、「朝鮮労働党中央委員会政治局常務委員会の決定によって、朝鮮労働党中央委員会第7期第5回全員会議が12月28日、平壌で召集された」と明らかにした。 北朝鮮が党全体会議を開いたのは、4月10日、第7期第4回全員会議以降8カ月余りぶりだ。全体会議は29日まで続く模様だ。 ■ ICBM開発の「継続宣言」 同通信によれば、「金正恩委員長が朝鮮労働党中央委員会の活動状況と国家活動全般について報告した」とのことだが、金正恩委員長の報告内容が具体的に何かは紹介されていない。 今回の会議の議題については「現在の情勢下で、わが党と国家の当面の闘争方向やわが革命の新たな勝利を得るための重要な政策的問題が上程された」(朝鮮中央通信)とのことだが、こちらも詳細は明らかにされていない。 これだけでは、金正恩委員長が何を考えて党全体会議を開いたのか、さっぱりわからないだろう。こうした場合、北朝鮮側が伝える内容を、詳細に吟味しなければならない。 今回、同通信は「革命の発展と変化した対内外情勢の要求に応じて、我が国家の戦略的地位と国力をいっそう強化し、社会主義建設の進軍の速度を飛躍的に進めるための闘争路線と方略が提示されるだろう」とし、「わが党の歴史に巨大な意義を持つ」と伝えている。 ・・・ ■ 北朝鮮の「挑発」は目前か この年末、もう一つ注目すべき事象があった。北朝鮮が28日午後4時、平壌に“住民総招集令”を発令したのだ。 なぜ、いま住民(市民)総招集令を下したのか。思い起こされるのは、10年11月の事件だ。この時、北朝鮮は、韓国の西海(黄海)にある延坪島を砲撃する前に労農赤衛隊などと一般住民(市民)を対象に“非常召集令”を下したことがあるのだ。 さらに、1993年第1次北の核危機の時は住民を含めた準戦時状態を宣言したこともある。このように北朝鮮は挑発する直前や危機に直面すれば、住民召集令を下してきた。このような経緯から、今回の“住民総招集令”についても「北の挑発の動きが差し迫っているのではないか」という観測が出ている。 ・・・ https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191230-00058807-jbpressz-kr とれたて新鮮の北朝鮮の有事ネタ これが、さっき言ってた「いいネタ」ですか? そう。今朝出たばかりのとれたての新鮮な北朝鮮ネタだ。すぐに取り上げれば生でも食えるだろう。 冗談はいいとして、北朝鮮が有事の準備に入ったそうだ。この2日間北朝鮮では朝鮮労働党の全体会議が行なわれていたが、それに並行するように平壌の住民に非常招集令が出されたという。 どこが冗談なんですか?よく分からなかったんですけど・・・。「新鮮な北朝鮮」という部分ですか? ワトソン君は市場とかでとれたての魚介を乗せた海鮮丼とかは食ったことはないのか?ないよな。妙な突っ込みを入れるのをやめてくれww 昔見かけたトラックに「鮮が生きる」と書いてあって、一瞬頭が混乱したんです。「新鮮」の「鮮」という意味ですよね? それ見たことあるわwww 確かに戸惑うよな。調べてみると“すし鮮”とか“鮮コーポレーション”とか“生鮮米”なんてのも見つかるようだ。言うまでもないがどれも“新鮮”の“鮮”だ。 日本では「鮮」が浸透してるんですね・・・。ボクは、新鮮な魚は、食べられません。 まあその話はいいや。北朝鮮で非常招集令が出されたというのは、2010年11月に韓国の島を砲撃する前のことを思い起こさせると韓国のジャーナリストが論じている。つまり今回も有事を見据えた招集の可能性が高いってこと。 キム委員長は、やっぱり年末の期限を守る気がします!年末までにアメリカが何もしなければ、新たな行動に出るんですよね? そうそう。北朝鮮が新しい行動に出る、つまりこれまでの2年間の米朝交渉をすべて白紙に戻して非核化を投げ捨てて大陸間弾道ミサイルの発射実験に踏み切るかもしれないってことだね。 韓国では”招集”と”召集”の区別はつけないらしい…

    米国ニュース
    朝鮮有事勃発と在韓米軍撤収は1月8日以降か! 2020年の韓国有事シナリオを考えてみる

    朝鮮有事勃発と在韓米軍撤収は1月8日以降か! 2020年の韓国有事シナリオを考えてみる

    朝鮮有事勃発と在韓米軍撤収は1月8日以降か! 2020年の韓国有事シナリオを考えてみる さて、お待ちかねの朝鮮有事ネタだ。まずこの記事をたたき台にしよう。 米国、1月8日の金正恩誕生日まで北の挑発を監視 12/27(金) 16:25配信 中央日報日本語版 北朝鮮が予告した「クリスマスプレゼント」が送られずにクリスマスが過ぎたが、米国の軍と情報当局者は依然として警戒態勢を維持していると、米CNNが26日(現地時間)報じた。米国は新年の北朝鮮の潜在的ミサイル発射の可能性に対応し、北朝鮮を精密監視していると、FOXニュースは伝えた。 トランプ政権は北朝鮮が武力挑発をする可能性がある期限を金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長の誕生日(1月8日)の来年1月初めまでとみている。また、米当局者は金委員長がクリスマス前後になぜミサイル試験発射など武器実験を実施しなかったかについても疑問を抱いていると、CNNは伝えた。 北朝鮮は今月初め「クリスマスプレゼントに何を選択するかは米国の決定にかかっている」と述べ、米国を脅迫した。「プレゼント」について具体的な言及はなかったが、米軍当局はこれを武器実験と解釈した。 米太平洋空軍のチャールズ・ブラウン司令官は17日、北朝鮮のクリスマスプレゼントは何かという質問に対し「私の予想では長距離弾道ミサイルの一種になると思う」と答えた。ブラウン司令官は「2017年に用意した多くのものがあり、すぐに利用する準備ができる」とし、対北朝鮮警告メッセージを送った。 ・・・ https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191227-00000029-cnippou-kr アメリカは、1月8日まで北朝鮮のミサイルを、警戒するんですか? 1月8日は金正恩の誕生日だからな。つまりクリスマスプレゼントというよりは金正恩の誕生日プレゼントじゃないかというのがこの記事の主旨だ。ところが俺はそれも違うと思っている。 むしろ金正恩の誕生日以降が危険 どうしてですか? こうして表沙汰になったからだ。トランプ政権がこの日に必ず何かをやるとか、この日に何かが起こると宣言した時ほど大したことがないのはワトソン君も知ってるよな?危機とは常に突然やってくるものなんだよ。 確かに・・・。じゃあ、1月8日までは何も起こりそうにないですね。 だから俺は逆に1月8日以降こそが危険だと思っていて、特に1月8日を過ぎて米国が油断した直後の週が危ないと思っている。カレンダーでいうと1月の第3週、1月13日から17日までの間だ。 黒井さんがそう言えば、北朝鮮の行動を阻止する事になりませんか? そのことについては今は考えない。可能性の問題を提起しているだけだ。最初からこの週を狙って軍事的な準備をしているがゆえに、わざと”クリスマスプレゼント”という単語を使って米国側を誤認させるような言い方をしたんじゃないかと俺は推測した。 「クリスマスプレゼント」というのは、アメリカ側が提示した前フリではなくて、って事ですか? この単語を最初に出したのは北朝鮮だが、米国による前フリ説だとすると北朝鮮としては“クリスマスプレゼント”に大した意味を持たせてなかったことになる。あくまでも季語として使ったつもりが過剰に拾われてしまい面食らっている可能性がある。 ところがもし北朝鮮がこの単語を意図的に使ったとすると、米国側を何らかの方法で誤認させようとしている可能性が生じるわけだ。クリスマスにミサイルか?それとも金正恩の誕生日か?というようにね。 NHKの誤報が、トランプ大統領のゴルフ中に知らされたのは、どうしてですか?すぐに訂正したんですよね? 言わずもがな。日本語の報道記事をしらみつぶしに観察していたからに他ならないよね。それで有能さんも急に英語に切り替えて緊迫感を演出したんだろう。それら一連の流れも含めて、北朝鮮は米国側がどう反応するかを試していた可能性があると俺はみる。 米国が韓国との同盟を結ぶことになってしまった理由とは これに伴い、トランプ政権が軍事オプションを承認したという報道も出てきている。とは言っても単に爆撃機を上空に展開する程度で実際に空爆をするかどうかまでは明らかにしてないが。 米CNN「トランプ大統領,北の挑発に備えて軍事オプション承認」 12/28(土) 8:23配信 朝鮮日報日本語版 北朝鮮による年末年始の挑発に備え、米国のトランプ政権は一連の軍事オプションを事前に承認していることがわかった。米CNN放送が26日(米国時間)に報じた。北朝鮮が挑発に乗りだした場合、米軍の判断に基づき北朝鮮に対して迅速に圧力を加えるということだ。 CNNは米政府当局者の話として「北朝鮮が挑発的なミサイルの試験発射や武器の部品を試験しようとする場合、直ちに実施可能な一連の武力誇示オプションを米政府は事前に承認した」と伝えた。CNNはこれらの軍事オプションとして「韓半島上空に爆撃機を展開することをはじめ、地上兵器を使った軍事訓練などあらゆるものが含まれている」と明らかにした。 CNNは「北朝鮮がいかなるレベルの挑発を行えば米国が対応に乗り出すかは不透明」としながらも「米国が北朝鮮に対してどれだけ強力なメッセージを発信するか。これは非武装地帯からどの程度近くに兵力を配置するかによって知ることができる」とも説明した。その一方でCNNは米政府当局者が「現在の計画はあくまで武力誇示であり、北朝鮮に対する直接の軍事行動ではない」と強調したとも伝えた。現時点ではかつての「鼻血作戦」のような直接攻撃までは考えていないということだ。…

    米国ニュース
    在韓米軍の基地が非常事態に陥っていた! あわや有事でパニック状態に!

    在韓米軍の基地が非常事態に陥っていた! あわや有事でパニック状態に!

    在韓米軍の基地が非常事態に陥っていた! あわや有事でパニック状態に! 北朝鮮のプレゼントは”誤報”だったのかもしれない。在韓米軍の基地で26日夜に突然空襲警報が鳴り響いたそうだ。ところがこの警報は人為的ミスで誤報だったという。担当者が定時のメロディを流そうとしたところ、間違って警報を流してしまったらしい。NHKもほぼ同じ頃に同じような誤報をやらかすし、世界中が北朝鮮の遅れた“クリスマスプレゼント”に震撼していたことになる。金正恩はこれからどうする気だ? 「北のプレゼントだろう」在韓米軍基地で空襲警報、一時騒然 12/28(土) 11:49配信 読売新聞オンライン 【ワシントン】米紙ワシントン・ポスト(電子版)は27日、北朝鮮との国境に近い在韓米軍基地キャンプ・ケイシーで26日夜、誤って空襲警報が鳴り、基地内が一時騒然となったと報じた。北朝鮮がクリスマスに合わせた軍事挑発を示唆する中、基地では厳戒態勢が取られていた。 記事によると、午後10時に定時のメロディーを流すべきところ、「人為的ミス」で空襲警報が流れた。すぐにミスだったことは知らされたが、兵士が廊下を走り回るなど、基地内に緊張が走ったという。 ツイッターには、基地内で撮影されたとみられる映像が投稿された。映像では10秒間にわたってサイレンが鳴り響き、「北朝鮮が我々にクリスマスプレゼントをくれたのだろう」との字幕が付けられている。 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191228-00050099-yom-int ソウルより北側に残っているのは在韓米軍の観測所か? アメリカ軍の基地でも、誤報があったんですか? どうやらそうらしいね。在韓米軍の北朝鮮に近いとされるキャンプケイシーという場所で空襲警報が鳴ったが、単なる人為的ミスだったそうだ。 あれ?在韓米軍の基地は、ソウルより北には存在しないんですよね?国境に近い場所に、まだ残ってたんですか? そういやそうだな。場所を調べてみるか。 グーグルさんが「東豆川」という場所にあると教えてくれました!グーグルマップさんで調べますか? 頼む。 「東豆川市」という場所です!ソウルから、真っすぐ北に進んだ場所にありました。こんな所に、まだ基地が残ってたんですね・・・。 英語版のネット百科事典を見る限りでは、この基地は大した規模ではないと思われる。基地というよりは観測所とかの類じゃないかな? そうみたいですね・・・。地図を見てるんですけど、滑走路がないし、どこに基地があるのかも分からないです! 北朝鮮との合意に基づき国境線付近の米軍や韓国軍の基地や観測所の類はすべて撤収させたと思っていたが、この場所にそれがまだ残っているということは合意で定められた範囲の少し外側か、あるいは米国が合意を破っているというかという話だと思う。 思ったんですけど、アメリカと北朝鮮のニュースは、英語で取り上げるって有能さんに言われましたよね?日本語でいいんですか? ワトソン君だけの場合には日本語でいいよww ルー語をいきなり話されても困るwww 在韓米軍とNHKの誤報の差はわずか2時間22分 ところでワトソン君、この空襲誤報が起きたのは26日午後10時だとされている。NHKの誤報は何時何分だっけ? 27日の、午前0時22分です!あれ?ちょっと時間が近いですね・・・。 怪しいよな。たったの2時間22分しか差がない。もしかすると誤報じゃなかったのかもね。何らかの軍事作戦が北朝鮮発で実行され、本当に空襲やミサイル発射の兆候をキャッチした日米側が相次いで警報を流したと。 わざと時間を近づけて、空襲に備える練習をしたような気もします!誤報に見せかけた、緊急訓練だったのでは? そうとも解釈できなくもない。去年1月にハワイで起きた誤報なんかはまさにそうで、あの事件の後米国内でも真剣に住民を避難させるための方法について検討されたようだ。 でも、日本では特に何もなかったです・・・。NHKが誤報を流しただけで、Jアラートも鳴ってないですよね? あれってその該当地域にいないとそもそも鳴らないよな?俺は鳴ってないんだけど、ワトソン君は鳴った? 鳴ってません!だから、避難訓練にはならないと思いました・・・。 NHKについては担当者が再度処分されるかどうかをレポートしろと有能さんに言われているし、NHKの立場で考えてみればこの程度で職を失うことになりかねないからやるメリットがないんだよね。あの誤報は世界中に影響を及ぼしたらしく、ゴルフ中のトランプの耳にも入ってしまったそうだ。 えっ?じゃあ、ひょっとしたら、有事になってたかもしれないんですか? その通り。トランプが核を制御するボタンを持っているから、まかり間違えば北朝鮮が空襲されていたかもね。すぐに誤報だと分かってよかったけど、このことを理由に米国側の教授か誰かがNHKに激怒しているそうだ。…

    米国ニュース
    在韓米軍の撤収は来年か?2020年の朝鮮有事と韓国クーデター勃発の可能性を探る(3)

    在韓米軍の撤収は来年か?2020年の朝鮮有事と韓国クーデター勃発の可能性を探る(3)

    さて、ワトソン君。在韓米軍撤収とクーデター3部作の総集編だ。(1)と(2)に続いて、韓国でのクーデターはともかく、北朝鮮でもクーデターが生じる可能性について考えてみようか。 2020年の朝鮮半島 「帰らざる橋」を渡り始めた韓国 南北クーデターの可能性に注目 12/25(水) 15:30配信 デイリー新潮 ・・・ 外貨準備の枯渇に悩む金正恩 ――北朝鮮の動揺とは? 鈴置:金正恩(キム・ジョンウン)委員長の焦りが目立ちます。米国が主導してきた経済制裁の2019年末までの解除を求め、ミサイルは撃ちまくるは口頭では脅すは、挑発の度を高めています。 2017年末、核・ミサイル実験を繰り返す北朝鮮に国連は経済制裁を課しました。その柱の1つが朝鮮人の出稼ぎ労働者の受け入れ禁止です。2年間の猶予期間が付いていましたが、それが2019年12月22日に切れました。 大量の出稼ぎ労働者を受け入れていた中国とロシアは、米国の顔色を見て北朝鮮に送り返す姿勢は見せています。もし本当に実行すれば、年間5億ドルと推計される外貨が北朝鮮に入らなくなります。 これにより、北朝鮮の外貨準備は危険な状況に陥ると思われます。2017年末から発動されている北朝鮮産石炭などの輸入禁止などで、2018年以降の北朝鮮の輸出はそれまでと比べ、約半分に激減している模様です。 一方、食料品など北朝鮮の輸入はさほど減っていません。下手すれば体制を揺らす暴動が起きかねないからでしょう。それを恐れて金正恩体制は、乏しい外貨準備で貿易赤字を補填してきたのですが、ついに底を付き始めたということでしょう。 ・・・ ――ではなぜ、金正恩委員長は弱点を見せてしまうのでしょうか? 鈴置:体制崩壊への恐れから、冷静な判断ができなくなっているのだと思います。制裁が続けば外貨準備が枯渇する。すると食糧を輸入できなくなり政権への批判が高まる――との恐怖です。 厳しい監視体制の下、組織的な反体制運動は起きないかもしれません。でも、国民の不満の高まりを見て、軍が金正恩委員長を見限り、クーデターを起こす可能性は排除できません。 ・・・ https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191225-00600352-shincho-kr キム委員長は、結局クリスマスミサイルは発射しなかったんですね・・・。 前もってそう言われていた時ほど何もないというのはもはや鉄則に近いね。米国の対中追加関税しかりだ。突然降って湧いてきた時ほどガチで、あらかじめこの日に発動すると予告したものについては大半が延期されることになった。 クリスマスプレゼント=ミサイルとは限らない でも、年内が交渉期限という事には、変わりないですよね? 変わりないね。そもそもクリスマスミサイルとかいう噂は勝手にマスコミが流したものであって金正恩はそういう予言はしてないはずだ。クリスマスにどういうプレゼントを選ぶかは米国次第とは言ったけどね。 それは、クリスマスミサイルという意味ではないんでしょうか? おそらくね。プレゼント=ミサイルと決め付けるのがそもそも安易かもしれない。そういう中で出てきた鈴置さんのこの記事は一読に値すると思う。 2019年12月22日に、労働者受け入れ禁止の猶予期間が切れたんですね・・・。全然知らなかったです。キム委員長は、焦ってるんでしょうか? 中国とロシアが米国に歩調を合わせればね。だがそれはあまりにも楽観的すぎる気がする。確かに輸出は減ったし経済が落ち込んでいるのは事実だと思うけど、どれも客観的なデータとか証拠に乏しいんだよね。 経済が落ち込んで、キム委員長が下ろされるというのは、ホントなんですか? むしろ金正恩は下ろされそうになるほど核開発を強めるはずだ。核は米国への圧力という点もそうだが、何より北朝鮮内部を統制するのに効果的とされているからね。逆にひとたび非核化に着手すれば金正恩下ろしの軍事作戦が実行されると俺は踏んでいる。 えっ?じゃあ、非核化=クーデターなんですか? 俺はそういう意見だ。だから金正恩が非核化をしないという確固たる意思を内向きに示している限りは、北朝鮮ではクーデターは起こらないと思う。絶対とは言い切れないけどね。 北朝鮮でクーデターが起こるとは基本的には考えにくい…